住宅を貸し出すビジネス|収益を確保する手段を確立化|新築アパート投資が持つ複数のメリット

収益を確保する手段を確立化|新築アパート投資が持つ複数のメリット

男の人

住宅を貸し出すビジネス

内観

転勤や長期の海外出張などに伴い、現在住んでいる住宅を空き家にしてしまうというケースは多く存在します。今後、帰ってくることを考えると気軽に売却するのも難しいというのが悩みどころです。ですが、住宅というのは不在にしていても固定資産税や住宅ローンといった債務が発生してくるので、空き家にしてしまうのは勿体ないともいえるでしょう。そのような場合に効果的な不動産運用の手段があります。それがリロケーションなのです。リロケーションとは借主との合意のもとで一定期間、住宅を貸し出すビジネスモデルのことです。2000年まではこのようなビジネスは認められていませんでしたが、2000年の3月1日に定期借家契約という一定期間の賃貸契約が可能となりました。
リロケーションをして収益を確保しようと考えている人は少なくとも半年から1年近くは住宅を貸し出すことを視野にいれておいた方がいいでしょう。なぜなら、借主も入退去でコストが発生してしまうからです。あまりにも短い期間だと借主の負担が大きくなりウィークリーマンションなどの別のサービスと比較した際にお得感が無い残念なビジネスになってしまいます。リロケーションを考えている場合はまず、期間から重要視することが大事なのです。リロケーション期間中は住宅内の傷やよごれなどがどうしても増える傾向にありますが、住人が入ることで換気なども行なわれることになり湿気予防にもなります。また、空き家として認識されなくなるので防犯対策にもなるのです。